--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

07.02

再看Angelo

自從Pierrot解散後,一直也放不低,
也不感再看任何キリト的live,
毎次看Angelo的website和消息,也覺得有點沈重。

最近才把Angelo的1st album 「REBIRTH OF NEWBORN BABY」弄到手,
之前在網上有人覺得此ablum有Private Enemy的感覺,
我看了後也有點激動,
因為Private Enemy是我最喜歡的時期...
不果幻想和現實總有點出入,
在歌詞上的確是承接了Finale~Private Enemy的一脈,
但音樂上則完全是Freeze和キリトsolo的混合,
算有可聽性,但不是我期待的。

不知為何,總覺得キリト的歌詞仍離不開Pierrot解散的陰影,
要打開某扇門,
但大家似乎仍未找到那扇門的所在地。

很想買這DVD:
「KIRITO Symphonic Concert 2006 EXISTENCE PROOF RE:PARADOX」

但一直也買不到,
這場是キリト在解散後開的solo管絃樂live,
裡面半數的個也是Pierrot的歌,
但更重要的是キリト所説: 這是最後一次キリト演唱Pierrot的歌,
算是Pierrot真正的last live。

-------------------
http://m-on.jp/event/070605angelo/
這裡有Angelo的live report,
真的掛念3,4個月看一次live的年代!!!
スポンサーサイト

音楽事
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。